ピンインの発音

2012年10月26日

ピンインの発音

中国語がペラペラになれる勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

中国語を始めようと思うんですけど、何からやったらいいですか?

と時々たずねられます。

私が、必ずお勧めしていることがあります。

中国語の会話の練習をする前に、中国語の「ピンイン」の発音練習をすることひらめき

ピンインとは、日本語の50音に相当するもので、これが正確に発音できるようになると、中国語のどんな文字も読めるようになります。

なんだ、ピンインの練習か。

NHK中国語講座の4月号にいつものってる、マー(一声)、マー(二声)、マー(三声)、マー(四声)でしょ。

それなら、大体やったよ!とは思わないでくださいね。

理由が二つあります。

一つ目の理由。

英会話の練習ですと、学校で何年かは習っているので、英語の正しい音を、誰でも聞いたことがありますよね。

でも、中国語は違います。

たいていの方にとって、中国語の各ピンインの音自体が、未知のものです。

ピンインの発音練習がまだ十分でないのに、早く話せるようになりたいと思って、中国語のフレーズを話す練習を始めると残念なことになってしまうんですよねあせあせ(飛び散る汗)

せっかく何年も中国語を学んでいて、自分はまあまあ話せるはずだ!あいさつ表現も覚えたし、簡単な質問だって出来るし!と自信を持って中国人と話してみたものの、まったく通じないという悲しい状態になりかねません。

実はそういう方が、結構多いです。

ピンインの発音の習得を、軽く見てはいけませんexclamation

逆に、ピンインさえ正確に発音できれば、自分は何を言っているのかわからなくても、相手には意味が伝わります。

二つ目の理由。

ピンインの発音練習を中途半端にして、中国語の自己流の発音が身についてしまうと、あとからの修正が、ものすごーく大変なんですがく〜(落胆した顔)

あれ、自分の発音じゃ通じないのか?と思って、直そうとしてもなかなか思うようになりません。

口が、間違った発音を覚えてしまってるんですね。

例えば、車を運転していて、目的地のかなり手前で道を間違えたとします。

目的地にたどり着くためには、今来た道をずーっと引き返して、それからやっと正しい道に戻りますよね。

それと同じで、中国語の独特の発音を間違って覚えちゃうと、そこから引き返す、つまり癖を直すのに余分の手間がかかります。

日本人が間違って覚えやすいピンインは、いくつかあるんですが、例えば、「現在」という中国語は、ピンインでは「xian zai 」と書き、意味は日本と同じく「今」を表わします。

では、「xian zai」の「xian」はどう読むと思いますか?

「シャン」ではなく、「シエン」と読みます。

「xian」と表記が似ている、「xiang」と書いて、「シャン」と読むのですが、この「xian」と「xiang」が頭の中で、はっきり区別できてない方が多いです。

「現在」と書いて、「シエン ザイ」と読みますが、これを「シャン ザイ」と発音したら、まるで通じないですよねふらふら

中国語のピンイン一覧表(日本語の50音表のようなもの)は、ほとんどの中国語の教科書の一番後ろにくっついていますし、ウェブ上でも確認できます。

しっかりしたビルを建てようと思ったら、まずは時間をかけた基礎工事が不可欠です。

同じように、中国語をしっかり話せるようになろうと思ったら、まずは時間をかけて、基礎であるピンインの正確な発音練習が欠かせません。

「きちんと通じる中国語」を話すために、ピンインのそれぞれの音の正しい発音を目指しましょう。

中国語がペラペラになれる勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 中国語リサ at 16:28| Comment(0) | 中国語の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。