中国語の「不」と「没」の違いについて

2012年08月01日

中国語の「不」と「没」の違いについて

中国語が口から出てくる勉強法はこちら ぴかぴか(新しい)

私が中国語を学び出して、発音の次にぶつかったのはこれでした。

ご存知の通り、中国語で否定を表現することに使われる文法になります。

簡単に覚えるために、「没」は過去と状態!と覚えました。

よく使う言葉として「没有」というのがあります。

これは、「ない状態」を表します。

あなたはペンを持っていますか?
「你有没有笔吗?」

ないです。
「没有」

今、テレビ見てた?
「你现在看电视吗?」

見てません。
「没看电视」

という感じになります。

実際に私が混乱した文章があります。あせあせ(飛び散る汗)

「今日は授業がないよ」

と日本人の友達が日本語で教えてくれました。

それを韓国人の友達に伝えるときに私は携帯のメールで、
「今天没上课」

と書いてしまいました。

伝わるには伝わったのですが、優秀な韓国人に、

「今天不上课」

と言うのだと教えてもらいました。

9時からの授業だったとします。

「没上课」の場合は、9時15分ならOKなのです。(9時以降ならOK)

「不上课」の場合は、8時半ならOKなのです。(9時以前ならOK)

そしてやっぱりよく使われるのは「不」です。

私はお酒を飲むのがあまり好きではないです。
「我不喜欢喝酒」

私は今日スーパーに買い物に行きたくありません。
「我今天不想去超市买东西」

中国語を覚えたての頃、中国人に自分の用件を伝えないとってことで、

よく「喜欢」と「想」を使ってたのを覚えております。

喜欢」は好きです。英語で言うと、「like」

「想」は〜したい。英語で言うと「want」


そうすると優しい中国人は私の気持ちを察して、いろいろ助けてくれたものです。わーい(嬉しい顔)

広い空港に友達を一人で迎えに行った時、

到着ロビーはどこですか?
「到达口在哪里」

って聞いたのに通じなかったので、ふらふら

今日、私の友達が上海に来る。私は友達に会いたい。
「今天我的朋友来上海.我想跟朋友见面」

と言ったら分かってくれて到着ロビーを教えてくれました。

とにかく会話で必要な気持ちや状態を表すときに必要不可欠な否定形。

違いを理解して会話に挑戦してみてはいかがですか?

中国語が口から出てくる勉強法はこちら ぴかぴか(新しい)


【関連する記事】
posted by 中国語リサ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。